パニック障害

パニック障害

パニック障害、あなたの努力で治ります。(・∀・)b

スポンサード リンク
日用品通販 > パニック障害

パニック障害 きっかけ

パニック障害のきっかけは、激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまい、この体の異常と強い不安感やパニックに襲われるのが症状です。

この発作が起こると、10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。

初めての発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もあります。

ただ、病院について医師の診察を受ける頃には、発作は消え血液検査や心電図検査をしても異常はみられず気のせいと言われることもあります。

悩むきっかけは、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、発作を繰り返すことです。

何回か発作を繰り返すうちに「また起こしたらどうしよう?」強い恐怖感や不安感が発生します。

 

最初のキッカケは、「予期不安」といわれる症状です。

予期不安の発生は、逃げ場のないような場所での発作や他人や大勢の人に見られることの恥ずかしさといった不安や恐怖を生みだすことになります。

大勢の人が集まる場所、過去に発作を起こした場所、避ける行動をとるようにします。

これが「広場恐怖(外出恐怖)」となり、悪循環に陥り症状をさらに悪化させます。

悪化すると、人前に出るのを嫌って閉じこもり、社会生活が維持できなくなります。

さらにひどくなると、うつ病を併発するキッカケにもなります。

パニック障害 薬

スポンサード リンク

 

 

 

パニック障害は、近年の研究により「心 の病」ではなく「脳機能障害」として扱われるようになっています。

薬もそれに合わせたものが販売されるようになってきました。

 

三環系抗うつ薬:トリプタノール、トフラニール、アナフラニールなど 抗うつ剤として、うつ病やパニック障害の患者によく処方され効能が出てるまでに少し時間がかかります。

ゆっくり効くのが特徴、飲んですぐ効果が出るわけではなく徐々に改善させます。

 

抗不安薬:コンスタン、ソラナックス、セルシン、ワイパックス、セレナール、メイラックス、レキソタン、エリスパン、リーゼ、デパスなど 神経を鎮めて発作を起こす原因の不安を緩和します。

不安や緊張症の人に服用される薬、不安が強すぎる時に落ち着かせるために最小限に使う薬です。

すごく良く効くので常に持っていないと、かえって不安になるくらい効くそうです。

 

SSRI:ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフトなど 心療内科等で良く処方される薬、うつ系の薬として抗うつと抗不安の効果があります。

 

漢方薬:香蘇散(こうそさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、柴胡加龍骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう) 漢方薬も症状に合わせて服用しないと効果がないため、相談してから服用する方が良いです。

 

服用に対して「やめられなくなるのでは?」と心配する人が多いようです。

パニック障害の症状を和らげるため、薬の力を利用して普通の生活が出来るのならと考えて治療に専念するべきです。

必ずしも一生飲み続けなければならない物ではありません、生活や職場の環境が変われば治ることがあります。

貴方のパニック障害が治ると信じる気持ちが大切、あせらずに治療しましょう。

パニック障害 トップへ戻る

Copyright 2014 © 日用品通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 日用品通販